menu

快適な暮らしを継続する技術力

Technical capabilities

「自然素材」+「高気密・高断熱」で、健康的に暮らせる住まいを。

ウツミ工務店は、高気密・高断熱住宅を推奨します。
確かな技術力で、1年中安定した室内温度で過ごせる快適な暮らしを実現します。
家の快適性に大切な、気密・断熱・換気のバランスを重視し、無垢材や自然素材を使用することで、さらに過ごしやすい住まいをご提案します。

高気密・高断熱をおすすめする理由

はじめに高断熱高気密住宅とは、壁や床、窓などに断熱性の高い建築材料を使用し、家の隙間を出来る限り少なくすることで、断熱性と気密性を高めた住宅のことを言います。快適な室内環境を保ち、さらに暖冷房にかかるエネルギーも軽減できる高断熱高気密住宅は、寒暖の差が激しく、冬が長い東北で快適な生活を実現するために欠かすことができません。ウツミ工務店では、4寸角(120mm)の木材を使用しております。角材が太いと強度が増すだけでなく、壁が厚くなり断熱材の量が増えるため、断熱性が高まります。

人、家、そして環境に優しい住まい。それが、高気密高断熱住宅です。

ウツミの断熱・換気性能

標準的な断熱工法は、柱と柱の間の壁内に高性能グラスウールの断熱材を入れます。ここに気密シートと気密テープを貼ることで高い気密性を保ちます。壁だけではなく、天井や床も同様の施工を致します。
さらに、外壁材と壁の間に外気に流れる通気層をつくることによって壁体内結露を少なくし、建物の耐久性も向上します。

断熱材施工イメージ

断熱 断熱

断熱性能に必要不可欠な窓。熱欠損率の高い窓に、アルゴンガス入りの樹脂サッシとLow-E複層ガラスを採用しておりますので、断熱性能と省エネルギー性の両方を高めることができます。
また、より高機能なトリプルサッシもおすすめしております。

換気

換気システム

高気密校断熱住宅の場合、第3種換気を推薦しております。
第3種換気とは、室内への給気は給気口により自然に行い、排気は機械によって強制的に行われるシステムのことです。このシステムにより、家の中が常に空気が通っているような快適な空間を叶えることができます。

また、メンテナンスが容易であること、比較的ランニングコストが安価であることもおすすめする理由のひとつです。(※お客さまのご希望により、第1種換気も選べます。)

天井・外壁

外壁

〈高性能グラスウール〉を壁や床、天井へ吹き込んで施工します。
ウツミ工務店では、高気密・高断熱の工法や断熱材の種類等をお客さまにご説明させていただき、ご納得いただいたうえで、技術力の確かな専門業者によって施工することが大事だと考えております。

換気

換気システム

高気密高断熱住宅と相性の良い〈第3種換気〉を取り入れております。
第3種換気とは、室内への給気は給気口により自然に行い、排気は機械によって強制的に行われるシステムのことです。このシステムにより、家の中が常に空気が通っているような快適な空間を叶えることができます。

また、メンテナンスが容易であること、比較的ランニングコストが安価であることもおすすめする理由のひとつです。(※お客さまのご希望により、第1種換気も選べます。)

ウツミの耐震構造

住まいと基礎をがっちりと繋ぐ“ベタ基礎”

荷重を広い面積で受けることができる〈べた基礎〉とし、大きな地震にも耐えうる頑丈な土台を実現。基礎の立ち上がり部分を500mmと高く設けて〈キソパッキング工法〉を採用しているため、湿気やシロアリから家を守ります。

“四寸角”の柱

4寸角(120mm角)の柱を標準仕様としております。柱を太くするということは耐久性や耐震性を高めるだけではなく、壁の中への断熱材の量を増やすことへつながります。

ウツミ工務店の角材

横からの力にも骨組み

耐震性を高めるのは柱だけではありません。〈構造用合板〉と〈筋交い〉を併用することで耐震性をより強固なものにします。柱と壁の双方の耐震性をバランスよく向上させることで優れた耐震性能を発揮します。

CONTACT

お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料です。家づくりに関するご相談やお見積り依頼など、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP PAGE TOP
PAGE TOP