menu

家づくりのスケジュール 6つの局面と21の工程をご紹介

いつかは持ってみたいと思う、家族が集うマイホーム。しかし家を建てるといっても、実際にはどういった工程を経てできあがるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは家づくりに必要な工程と期間がわかるスケジュールを一覧でご紹介します。ぜひ将来の「家づくり」の参考にしてみてください。


=施主が対応するポイント

STEP01計画 [ 3~4カ月程度 ]

  1. 1家のイメージづくり施主が対応

    モデルハウスを見学して、理想の家のイメージづくりをします。実際に見て、触って、雰囲気を感じることでより家づくりのイメージが膨らみます。

  2. 2依頼会社選び施主が対応

    家づくりの依頼先である住宅会社は、大きく「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」の3つに分けられます。住宅会社の種類によってサービスの強みが異なるため、じっくり比較、検討して条件や希望に合う住宅会社を決めましょう。

  3. 3資金計画施主が対応

    家づくりの資金は住宅ローンを借り入れて調達するのが一般的です。年収や他の借入金の額によって借りられる金額の上限が変化するため、金融機関に相談するのが良いでしょう。「借りられる金額」よりも「返済できる金額」を基本に計画を練るのがポイントです。

STEP02検討 [ 2~3カ月程度 ]

  1. 4敷地調査

    建築予定の敷地の測量や、給水・排水・電気の引き込み位置などを調査します。また敷地内だけでなく、敷地に接している道路の状況、周辺環境などの情報も収集します。

  2. 5ラフ設計

    住宅会社に依頼し、ラフプランといわれる家づくりのたたき台を作成してもらいます。住宅会社がヒアリングに基づき間取りなどの希望をラフプランにまとめます。

  3. 6概算見積り

    住宅会社にラフプランの仕様で概算見積書を作成してもらいます。工事項目ごとに費用がわかる内訳明細書も一緒に作成してもらうように伝えておくのが良いでしょう。

  4. 7実施計画

    家づくりのスケジュールや間取り、仕様などの具体的な施工の計画を立てます。ラフプランと概算見積りの中から最も希望に合ったものを選び、住宅会社に実施計画を作成してもらいます。

  5. 8本見積り

    実施計画で作成した仕様を元に本見積りを作成してもらいます。複数の会社から相見積りを取る場合は、見積り条件を合わせておくと工事ごとの費用が比較しやすくなります。

STEP03契約 [ 2カ月程度 ]

  1. 9契約施主が対応

    本見積りの内容に合意できれば依頼先と本契約(建築・工事請負契約)を結びます。契約前にしておく必要がある手続きや、契約時に必要な書類などがあるため事前に段取りを確認しておくのが良いでしょう。

  2. 10建築確認申請書の提出施主が対応

    建築の仕様が建築基準法を順守しているかを確認するため、「建築確認申請書」を指定確認検査機関に提出しなければなりません。申請者は建築主ですが、依頼先の会社が代理人となって申請を行うケースが一般的です。

  3. 11地盤調査(必要があれば地盤改良)

    地盤の耐久性を調査します。地盤がしっかりしていない土地では、地震による地盤沈下で家が傾いてしまう危険性があります。建築前に地盤の状態を調査し、必要があれば地盤を頑丈にする工事を行う場合もあります。

  4. 12最終図面確認施主が対応

    着工の前に最終の図面確認を行います。営業や設計、デザイナーが依頼者と一緒に確認するケースが一般的です。

  5. 13仮住まい施主が対応

    建て替えの場合は、新居に入居できるまで仮住まいでの生活となります。工事の状況により入居日が変動する可能性があるため、仮住まいの期間は長めに見込んでおくのが良いでしょう。

STEP04敷地整備 [ 2カ月程度 ]

  1. 14解体・整地工事

    建て替えの場合は、土地を更地にするため建物を解体し、地ならしをする整地工事を行います。工事のお知らせとして近隣へあいさつに回る場合もあります。

  2. 15地縄張り・地鎮祭施主が対応

    地縄張りとは、着工前の地面に縄で家の輪郭をかたどることで、敷地に対する配置を示す作業です。地鎮祭とは工事の無事を祈念する儀式です。

STEP05工事 [ 3~4カ月程度 ]

  1. 16基礎工事

    建物を支え安定させる「基礎」をつくる工事です。「基礎」は地面と建物のつなぎ部分にあたり、家の土台となるため重要な工程です。

  2. 17上棟式施主が対応

    家の骨組みの工事が完了したことに感謝し、新しい建物の安全を祈る儀式です。最近では執り行わないケースも増えています。

  3. 18屋根・外壁工事

    家の骨組みができあがれば、屋根と外壁の工事の工程に移ります。屋根の工事が完了すると、工事途中の段階で建物の構造の安全性をチェックする「中間検査」をしなければなりません。また中間検査に合格しなければ外壁工事に進めないよう建築基準法で定められています。

  4. 19造作・内装・外装仕上げ工事

    キッチンやバス、トイレなどの設備工事や外壁の塗装が行われ、家としての完成が目に見えるかたちとなります。

STEP06完成 [ 1カ月程度 ]

  1. 20竣工・施主検査施主が対応

    家の完成です。完成後、施工会社らが最初の仕様書や設計図通りにつくられているかを確認する「竣工検査」を行います。竣工検査に施主()が立ち会う場合を、「施主検査」といいます。

    ※住宅の注文主のこと

  2. 21引き渡し・入居施主が対応

    新居の鍵や各種保証書、設備の取扱説明書などを受け取り、ようやく入居ができます。住所変更の手続きやご近所への挨拶回りなどはできる限り早めに行っておきましょう。

カテゴリ

間取り・プランニング
土地の選び方・活用
お金と制度
技術と性能

タグ

CONTACT

お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料です。家づくりに関するご相談やお見積り依頼など、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP PAGE TOP
PAGE TOP