menu

ハウスメーカー・工務店・設計事務所は建てたい家で選ぶ!

家づくりの依頼先を探していると「ハウスメーカー」「工務店」など、いくつか種類があることに気付くでしょう。住宅会社によって得意とするサービスが異なるため、建てたい家に合わせて依頼先を選ぶことが大切です。しかし、住宅会社の違いがいまひとつ分からない、という方も多いのではないでしょうか。ここではハウスメーカー・工務店・設計事務所の特徴をご紹介します。

1. ハウスメーカー・工務店・設計事務所はどう違うの?

住宅会社はハウスメーカー・工務店・設計事務所の3つに分けることができます。どれも家を建てる会社ですが、それぞれ規模や得意分野が異なります。

 

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーは広いエリアに営業拠点を置く住宅会社のことで、大手企業は全国に販売網を広げています。モデルハウスを構えていたり、テレビCMなどで宣伝していたりすることも多いため、知名度の高い会社があるのも特徴です。

 

工務店とは

工務店とは、ハウスメーカーよりも狭いエリアで営業を行っている住宅会社を指します。営業エリアは市町村単位から都道府県単位が中心。地域密着型の営業スタイルが特徴で、地域の気候や文化に合わせた家づくりが得意です。
「地元密着」と聞くと小規模の会社を思い浮かべるかもしれませんが、工務店の規模はさまざまです。棟梁(とうりょう)と大工さんで営む会社から、数百名の社員を抱える企業まであります。

 

設計事務所とは

設計事務所とは、家の設計と施工の監理を専門に行う会社です。施工は設計事務所で行わないため、工務店などの協力会社に依頼することになります。

名称の似たものに「建築士事務所」があります。建築士事務所とは、施工をする建設会社や工務店が設計業務を兼ねている会社のことで、設計事務所とは異なるものです。

 

2. 住宅会社は重視するポイントで選ぶ

依頼する住宅会社は、家づくりで大切にしたいことを基準に選びましょう。家づくりにかかる費用を抑えたい、理想の設計を実現したい、アフターサービスの充実度で選びたいなど、大切にしたいことは家族によってさまざまです。住宅会社によって得意なことが異なるので、自分たちに合った依頼先を選びましょう。

 

価格を抑えるなら

工務店

ハウスメーカー

設計事務所

価格を抑えるなら、工務店を候補にしてみるのが良いでしょう。ハウスメーカーは広告宣伝費やモデルハウスの維持費などコストがかかる分、住宅が高額になってしまう場合も。その点で工務店はハウスメーカーよりも広告宣伝費をかけていないことが多いため、家づくりの費用を抑えられる傾向があります。一方で、設計事務所は希望通りの設計をしてくれますが、施工を他の会社に依頼するため割高になることもあるようです。

家を建てる場合の費用を確認するには「見積り」を取ることが大切です。複数の会社に見積りを取って、費用に対して自分たちの納得のいく家が建てられるかどうかを確認してみましょう。

 

間取り・材質・デザインの自由度を求めるなら

工務店

設計事務所

ハウスメーカー

間取りや材質、デザインにこだわりがある場合は、工務店や設計事務所が適しています。「キッチンから見える位置に子どものお昼寝スペースが欲しい」「無垢材(むくざい)を使ったインテリアにしたい」など理想のイメージを持っている方も多いでしょう。工務店や設計事務所は施主()のイメージに合わせて設計をしてくれます。こだわりを組み合わせてオーダーメイドの住宅を建てたいなら、工務店や設計事務所に依頼するのが良いかもしれません。

住宅の注文主のこと

ハウスメーカーは間取りやデザインをある程度用意した「規格商品」を中心に販売しています。間取りやデザインを一から考えないため、家ができるまでの期間を短縮できます。オプションなどのプランがあれば、自分たち好みにアレンジするセミオーダーも可能ですが、フルオーダーを希望するなら工務店や設計事務所を中心に探すのがベストです。

 

工務店や設計事務所は会社によっても得意分野が異なります。洗練されたデザインが得意な会社もあれば、天然の素材を使用したインテリアが強みの会社もあります。Webサイトやパンフレットで施工事例を見るほか、実際にモデルハウスに足を運ぶなどして、自分たちのイメージに合っているかを確認すると安心でしょう。

 

アフターサービスを重視するなら

ハウスメーカー

工務店

設計事務所

家を建てた後も保守点検や修理をしてくれる「アフターサービス」を重視するなら、ハウスメーカーへの依頼を検討してみると良いでしょう。法律では最低10年間の保証が義務付けられていますが、中には定められた期間の2倍以上にわたって保証するハウスメーカーもあります。建てた後の保守点検や修理を重視したいというファミリーなら押さえておきたいポイントです。

アフターサービスについては、会社ごとにHPやパンフレットで公開しています。法律に関わる説明や住宅に関する専門用語が使われていると、難しくてイメージしにくいかもしれません。分かりにくいときは、会社の担当者に詳しく話を聞いてみると良いでしょう。

 

その他のこだわりがある場合は?

家を建てるときの事情は家庭によってさまざまです。「子どもが小学校に入学する前に建てたい」「変形地だけど、親から受け継いだ土地に建てたい」など譲れない条件もあるでしょう。依頼する会社によって強みが異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

 

3.自分たちに合った住宅会社であるかを確認!

会社ごとに独自のサービスを提供している場合もあるので、ここで紹介した特徴が当てはまらないケースもあります。建てたい家のイメージが固まったら、各会社に問い合わせてみましょう。

カテゴリ

間取り・プランニング
土地の選び方・活用
お金と制度
技術と性能

タグ

CONTACT

お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料です。家づくりに関するご相談やお見積り依頼など、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP PAGE TOP
PAGE TOP